大矢国際特許事務所

smartphone

BLOG

日常

中部国際空港滑走路&ミツカンミュージアム見学ツアー その1

2017.01.23

1月14日(土)、一般社団法人 中川法人会 野田支部主催の研修会に参加してきました。

研修会の具体的な内容は、≪中部国際空港滑走路&ミツカンミュージアム見学ツアー≫です。

当日は、中川区役所に8時集合。天気がよければ車で行ってコインパーキングに止めようと思っておりましたが、雪が降っていましたので市バスで行くことにしました。


集合場所に行くには「地下鉄高畑」という停留所で降りるのですが、停留所に着く前に市バスの窓からチラッと集合場所近辺を見たら、まだ観光バスが到着してないようでしたので、時間調整のため、とりあえずコンビニへ。


買い物、トイレを済ませて集合場所へ行くと観光バスが待っていましたので、さっそく乗車。

受付の方に名前を伝え、参加費を支払い、さらには身分証明書(滑走路見学で必要となります)を提示して着席。お菓子の詰合せ+お茶をいただきました。

今回お世話になった観光バスはJR東海さんのバスで、36人乗り豪華化粧室(トイレ)付ハイデッカー(4列ワイドシート)です。補助席がないので、その分各シートが広いです。トイレがあり一安心です。バス旅行の場合は、トイレがあるとないとでは安心感が全然違いますからね。


出発時間となりました。雪がちらつく中、中川区役所を出発。名古屋高速を黄金(こがね)ICから乗り、一路中部国際空港滑走路へ向かいます。


黄金ICの電光掲示板には北側の一宮方面は通行止めとの案内表示がされていましたが、我々が向かう先は南側の中部国際空港ですので、なんとか走行可能でした。

車内で上映された研修ビデオを観ていると、程なくして尿意が。ということでトイレへ。

トイレは車両の後方幅方向に設置されており、便座に着座すると右側から車窓を眺めることができます。

IMG_8814

シートに着座したときの景色の流れと、便座に着座したときの景色の流れとの違いを楽しみながら、ボ〜っとしていると、車窓付近にカーテンを発見!!

「カーテンがある→カーテンしないと外から丸見え」というのが頭の中に浮かび、バスの後ろに車がいなくなったタイミングで素早くパ◯ツとズボンを履きました。

あとから聞いたのですが、こっちから外は見えますが、外からは中が見えなくなっているようです(まぁ、あたりまえか・・・)。

一人でドキドキハラハラしているうちに中部国際空港滑に到着。そして、滑走路ツアーの際の本人確認等を行う場所に誘導されました。

IMG_8812

まずはセントレアのガイドさんによるツアー内容の説明の後、本人確認、荷物検査、ボディーチェック等が行われ、再びJR東海さんのバスに搭乗します。そして、渡された参加証を首からぶら下げ、いよいよ出発です。


因みに、我々が到着して間もなくから、本人確認、荷物検査、ボディーチェック等を行っている最中、警察官の方が我々の後ろにピッタリとマークしていました。このツアーは立ち入り禁止区域に入って行われるので、かなり厳重なんですね。


すんなりと滑走路に出ることはできません。まだ関門がありました。

滑走路に出るまでにゲートが二つあり、一つはバスの乗客のチェック用、もう一つはバスの運転手や、説明してくれるセントレアのガイドさんのチェック用という徹底ぶりでした。空港関係者とて例外なくチェックされることにビックリしました。あと、ツアー中はバスの窓を開けることができないとのことです。

チェックの結果、特に問題ないので二つのゲートが上がり、ようやくコースインです。


このツアーは滑走路の外周をぐるっと回って戻ってくるというものですが、途中、バスから降りて見学専用の柵の中から飛行機の離着陸を見ることができます。柵から滑走路までは100メートル程だそうで、かなりの迫力がありました。スカイデッキから滑走路までが300メートルなので、いかに近くで見れるかということがおわかりいただけると思います。

IMG_8815 IMG_8816 IMG_8819 IMG_8820

ハンカチ等が滑走路に飛んで行った場合は見学会が強制終了となる場合があるそうなので、風で飛ばされそうな物はポケットの中に入れました。念のためハンチング帽も脱いでおきました。

轟音、着陸の際の砂埃等が目の当たりとなり、柵の中は大迫力でした。ただ、風を除けるものがないので寒かったです・・・。

バスは、座った席が悪く(進行方向に向かって右側)、あまりいい写真を撮ることはできませんでしたが、この目に焼き付けてきました。

IMG_8817 IMG_8821 IMG_8823 IMG_8824 IMG_8825 IMG_8826

ツアー中、首からぶら下げていた参加証ですが、お土産にいただけます。ツアー日、トータルの参加者数等が記載されていますが、トータルの参加者数が25万人を超えていることにもビックリしました。

90分程の滑走路見学ツアー終了後は、別室で中部国際空港の監査役の中山厚さん(当会会員)の講演会を聴きました。

中部国際空港としては、飛行機に乗る人はもちろんですが、飛行機に乗らない人も空港に来てお買い物等をしてもらえる商業施設がキモなのだそうです。

お昼ご飯の時間となりましたので、「ステーキテラス」で昼食をとり、中部国際空港、ひいては中部経済の発展のためにお買い物(ホント微力ですが・・・)をして中部国際空港を後にしました。

駄菓子屋の「吉田商店」さんで買った子供たちへのお土産「ゴ◯ブリ」が行方不明となっております・・・。忘れた頃(夏)に出てくると心臓に悪いので、覚えてるときに是が非でも見つけないといけませんね・・・。

IMG_8822

最近の投稿

仕事

南甲弁理士クラブ家族参加懇親「滑走路見学ツアー」と南甲弁理士クラブ創立90周年記念「東海支部懇親会」

2018.08.28

8月18日(土)に、南甲弁理士クラブ家族参加懇親「滑走路見学ツアー」と、南甲弁理士クラブ創立90周年記念「東海支部懇親会」が開催されました。

前半は滑走路ツアーです。

普段は一般の人が入ることのできない制限区域エリアにバスで入り、離着陸する飛行機を間近で見ることができます。

(参加者は身分証明証を提示しなければならず、更に手荷物検査とボディチェックを受けてパスする必要があります。)

皆さん、カメラを片手に次々に離着陸する飛行機に大興奮でした。大人はもちろん、子供たちからも喜んでいる様子がうかがえました。

航空機を運ぶ巨大な航空機として有名なドリームリフターもたまたま就航しており、間近で見ることができました。

飛行機は、乗るのも楽しいですが、見るだけでもワクワクしますね。女性の方からは「どこでもいいから飛んでいきたい~」等々の声も聞かれました。

 

IMG_3768なんこう IMG_3769なんこう

滑走路ツアーを楽しんだ後、後半は、空港内にあるアリスダイニングにて、南甲弁理士クラブ創立90周年記念のパーティです。東京からお来し頂いた先生も含め、60名程の参加があり、大変盛り上がりました。普段は会うことのない、先生方のご家族とも談笑したり、貴重な時間を持つことができました。

また、子供たちが飽きてもよいように、8畳程のキッズスペースを設け、輪投げやボールすくいなどの縁日の催しもしました。

南甲弁理士クラブ90周年という節目の年に、東海支部の代表幹事を務めさせて頂き、身に余る光栄であり、感謝です。

IMG_3766なんこう IMG_なんこう

趣味

ライブ情報

2018.03.15

コピーバンドを組んでおりまして、今度ライブをやることになりました。私はベースを担当しております。

 

バンド名は「MSD」と言いまして、主に80年代のハードロックなんかをやっております。

 

ライブ情報としましては、

 

場所:ライブハウス「ロックス栄」

名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビルB2F(テレビ塔西のビル)

日時:324日(土)開場:17:30開演:18:00

料金:ドリンク代(500円)別で、前売1,500円、当日2,000

http://www.spirits-jp.com/roxx/schedule.htm

今回はベースをセットアップして、デカい音出して楽しんできます!!

 

仕事

春の宴

2018.03.15

3月8日に南甲弁理士クラブ東海支部の「第1回総会・例会」が、翌9日に東海協議会主催の「現役員及び新役員の慰労・激励会」が開催されました。

 

両会とも、東海圏からはもちろんのこと、東京からも多数の皆様がご参加いただき、盛大に執り行うことができました。

総会・例会は、名古屋市東区にある料亭「川由」さんで開催。こちらでは魚を中心とした日本料理を楽しむことができます。

お座敷で、今回は高座椅子とテーブルをご用意いただきました。

IMG_9席111

珍しいシロウオの躍り食いをいただくことができました。

網杓子掬って酢醤油の入った小鉢へ。小鉢からは箸でつまみますが、活きが良くて、なかなかつまめせん。活きが良すぎて小鉢から脱出し、畳の上で跳ねていた子もいましたが、その子もおいしくいただきました。

オコゼの刺身

IMG_sakana

総会・例会で「川由さん」を利用するのは昨年に続いて二回目です。女将さんをはじめ、従業員の方には気持ちのいい対応をしていただき、ありがたく利用させていただきました。

 

翌日の慰労・激励会は、名古屋駅から徒歩5分位のところにあるホテル「キャッスルプラザ」の3階「孔雀の間」で行いました。

 

この二つの春の大きなイベントが終わり、代表幹事として少しホッとしております(まだやらなきゃいけないことがありますが・・・)。

 

南甲東海の総会・例会は、あと二回ありますが、何とか頑張ります!慰労・激励会のほうは打ち上げが残っており、とても楽しみです!

 

 

仕事

服部健一先生がご来所されました

2018.02.26

気づけば、年も変わり2カ月が過ぎようとしていました。

年末の話ですが、当事務所のアメリカ代理人である弁護士・弁理士の服部健一先生がご来所されました。 アメリカへの特許出願の他、南米の案件でも現在お世話になっております。

 

当日は、服部先生が午後に名古屋でご講演があり、その後新幹線の最終の時間までご一緒させていただきました。

 

6時間程でしょうか。お酒を飲みながら、幼少期の話から、渡米に至るまでの話、アメリカでの話…たくさんお話いただきました。本当にエピソードが面白く、且つ非常に勉強になる部分が多かったです。

 

成功されている方は、学びに対しても、遊びに対しても「好奇心」が強いのでしょうか。知らないことを知りたい、やったことないことをやってみたいという気持ちが非常に大切ですね。

 

服部先生のお人柄にもすっかり魅了され、次回はアメリカ・ワシントンの事務所へ訪問できる日がきたらいいなと思います。

 

IMG_9418IMG_5555555

 

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

仕事

南甲弁理士クラブ主催の研修会

2017.12.13

南甲弁理士クラブ主催の研修会に出席しました。

今回のテーマは、「特許異議申立及び特許無効審判について」です。

特許異議申立も無効審判も特許権が初めから存在しなかったものとみなされます(※無効審判の場合は、無効理由に該当する時から存在しなかったとされる場合があります)。

両者は似たような制度ですが、異なる点も多々あります。

本研修では、この似て非なる特許異議申立、無効審判についてご説明いただき、大変勉強になりました。

 

例えば、

  • 時期的に特許異議申立も無効審判請求も両方可能な場合、どちらを行うのが望ましいか?また、その理由は何か?
  • 無効審判の請求人適格である「利害関係」が否定される場合、肯定される場合について。
  • 特許権者への異議申立書の副本の送達の関係で、異議申立をいつ行うのが望ましいか?
  • 手続的に間違えやすいところ(間違えると補正命令が出されるので、その分、審理が遅れ、結論が出るのも遅れてしまいます)。

 

などです。

 

資料こそ膨大でしたが、わかりやすく説明していただきました。また、統計データについてもとても参考になりました。

 

南甲弁理士クラブ主催の研修は、今年はこれが最後となります。講師の先生方、誠にありがとうございました。

 

研修会場を出て伏見駅に向かう途中、ロケ車から降りてきた「○ギちゃん」(デニムベストで)を見ることができました。

 

日比野駅を出て、晩御飯を食べるべく長浜豚骨ラーメン 一番軒・日比野店へ。 久々の豚骨ラーメン・・・今回は、黒豚骨ラーメンのトンすたセットに。 

IMG_1261

とても寒い日でしたので、あたたかいラーメンが体にしみます。は~~おいしかったです!

 

IMG_1260 こちらは「すた飯」。生卵を絡めていただきます。こちらもおいしく頂きました。 ごちそうさまでした~!