大矢国際特許事務所

smartphone

BLOG

仕事

春の宴

2018.03.15

3月8日に南甲弁理士クラブ東海支部の「第1回総会・例会」が、翌9日に東海協議会主催の「現役員及び新役員の慰労・激励会」が開催されました。

 

両会とも、東海圏からはもちろんのこと、東京からも多数の皆様がご参加いただき、盛大に執り行うことができました。

総会・例会は、名古屋市東区にある料亭「川由」さんで開催。こちらでは魚を中心とした日本料理を楽しむことができます。

お座敷で、今回は高座椅子とテーブルをご用意いただきました。

IMG_9席111

珍しいシロウオの躍り食いをいただくことができました。

網杓子掬って酢醤油の入った小鉢へ。小鉢からは箸でつまみますが、活きが良くて、なかなかつまめせん。活きが良すぎて小鉢から脱出し、畳の上で跳ねていた子もいましたが、その子もおいしくいただきました。

オコゼの刺身

IMG_sakana

総会・例会で「川由さん」を利用するのは昨年に続いて二回目です。女将さんをはじめ、従業員の方には気持ちのいい対応をしていただき、ありがたく利用させていただきました。

 

翌日の慰労・激励会は、名古屋駅から徒歩5分位のところにあるホテル「キャッスルプラザ」の3階「孔雀の間」で行いました。

 

この二つの春の大きなイベントが終わり、代表幹事として少しホッとしております(まだやらなきゃいけないことがありますが・・・)。

 

南甲東海の総会・例会は、あと二回ありますが、何とか頑張ります!慰労・激励会のほうは打ち上げが残っており、とても楽しみです!

 

 

最近の投稿

お知らせ

【9月】発明相談のご案内

2021.09.15

9月の発明相談の日程のご案内です。

日時:9月27日(月)13:00~16:00

場所:名古屋商工会議所 5階 (産業振興部内)

予約制ではないですが、予約の方が優先となりますので、ご了承ください。

(ご予約TEL 052-223-5643)

※愛知県への緊急事態宣言発令に伴い、当日はオンライン相談のみの対応とさせていただきます。ご了承ください。

お知らせ

【8月】発明相談のご案内

2021.08.19

8月の発明相談の日程のご案内です。

日時:8月23日(月)13:00~16:00

場所:名古屋商工会議所 5階 (産業振興部内)

予約制ではないですが、予約の方が優先となりますので、ご了承ください。

(ご予約TEL 052-223-5643)

お知らせ

【7月】発明相談のご案内

2021.07.06

今月の発明相談の日程のご案内です。

日時:7月26日(月)13:00~16:00

場所:名古屋商工会議所 5階 (産業振興部内)

 

特許事務所への敷居が高いと感じられる方、場所的に都合がよい方等、ぜひお気軽にご利用ください。弊所でのご相談も無料でしておりますが、こちらも無料になります。

尚、予約制ではないですが、予約の方が優先となりますので、ご了承ください。

(ご予約TEL 052-223-5643)

 

お知らせ

発明相談のご案内

2021.06.05

ご報告が大変おくれましたが、令和2年度より、一般社団法人愛知県発明協会様の特許発明相談員を、月に一度、担当させていただくことになりました。

日時:毎月第4月曜日 13:00~16:00

場所:名古屋商工会議所 5階 (産業振興部内)

今後は、HP上で、毎月の正式な日時をお知らせさせて頂きます。

今月の担当は、令和3年6月28日(月)13:00~16:00 になります。

特許事務所への敷居が高いと感じられる方、場所的に都合がよい方等、ぜひお気軽にご利用ください。弊所でのご相談も無料でしておりますが、こちらも無料になります。

尚、予約制ではないですが、予約の方が優先となりますので、ご了承ください。

(ご予約TEL 052-223-5643)

仕事

弁理士制度120周年記念式典・祝賀会

2019.07.08

33333

7月1日「弁理士の日」でもある先週の月曜日、ホテルニューオータニ東京にて、弁理士制度120周年記念式典と祝賀会に出席してきました。

式典には、皇族の方もご臨席され、厳かに、かつ華やかな雰囲気の中執り行われました。

式典後の祝賀会では、来賓の政治家の方々、特許庁長官等から、これまでの知財、これからの知財について、熱い想いと期待の祝辞をいただき、厳かな式典とは一転、とても和やかな時間となりました。

1000名近い弁理士や関係者の方々の集まりということで、会場内はすごい人でしたが、久しぶりにお会いできた先生方や顔なじみの名古屋の先生方も多数おられ、立食をしながらの楽しい歓談はあっという間の時間でした。

日帰りでしたので、同行した妻とともに、後ろ髪を引かれる想いで会場をあとにし、新幹線に飛び乗り帰宅の途に就きました。