大矢国際特許事務所

smartphone

BLOG

日常

木曽川鵜飼

2016.08.25

先日、私が所属する南甲弁理士クラブ東海支部の家族参加型懇親会で木曽川の鵜飼い(昼の部)を楽しんでまいりました。

 

 

名古屋で産まれ育って半世紀近く経ちますが、鵜飼いは一度も見たことがありませんでした。見てみたかったのですが、何かきっかけがない限り見ることがなさそうでしたので、今回はとてもいい機会でした。

 

 

木曽川の鵜飼いは、1300年以上の歴史があるようです。1300年以上前ですと、奈良時代、飛鳥時代あたりでしょうか。かなりの歴史がありますね。

 

木曽川の鵜飼いは、2回に分けて乗船します。

 

1回目の乗船では船内で食事をとりつつ遊覧、2回目の乗船で鵜飼いを鑑賞します。

 

因みに、船は、お座敷スタイルの屋形船です。水面が間近にありますので、とても涼しく感じました。

 

1回目の乗船時間は1時間弱でした。船上から見た国宝犬山城がカッコよかったです。

 

一旦、上陸します。

 

 

トイレ休憩のあと、「鵜匠のおもてなし」が始まりました。

 

IMG_0061

これは、鵜飼いを披露してくれる鵜匠さん自らが、本日の鵜飼いの見どころを説明してくれるもので、鵜匠さんの衣装、鵜飼いの船の乗組員の役割り、昼の部では「かがり火」を焚かないこと(焚いてる写真も見かけますが・・・)等の説明もされていま
した。

 

 

鵜飼いのことを一通り学んだところで再び乗船です。食事の際のテーブルが撤去されて、船内が広くなりました。いよいよ鵜飼い鑑賞へ出船です!

 

IMG_0086

鵜匠さんの手縄さばき、「ホウ、ホウ」という掛け声、また、鵜さん達の魚を獲るワザを間近で鑑賞できました。大迫力、大満足でした!

 

伸

 


最後は、鵜さんに魚(5匹)を飲ませてから吐かせ、鵜さん達は運搬用の籠の中へ帰りました。そして、ユーモアたっぷりの〆のお話しで幕が下りました。

 

 

 

ここで、ふと思ったことを一言・・・。

 

 

待合室で係の方が本日の運行スケジュール等の説明をしてくれました。その説明の中で、座布団救命具の説明がありました。この座布団救命具ですが、座布団の本体の両側に腕を掛けるループ部分があり、通常は座布団として使用し、万一落水したような場合には、このループ部分に腕を通し、本体を抱きかかえるようにして浮くとの説明がありました。

 

 

落水してパニックになっている状態で、はたして腕を通すことができるか少々疑問でした。
ただ、船の前後に4名の乗組員さんがいましたので、万一の場合はループ部分腕を通す前に救助してくれると思います。

 

 

私は釣り人なので、常に落水のことを考えてしまいます(釣りの最中、ボートから落水経験がありますので・・・)。スミマセン。

 

 

今回は昼の部でしたが、夜の部は「かがり火」が焚かれます。また、鵜飼い開きの日には花火が上がるそうです。

 

次回は、鵜飼い開き日の夜の部に行きたいと思います。鵜さん達も、昼の顔と夜の顔は違うと思います(昼間は鵜さんの動きが遅いそうです)。

 

 

1300年の伝統漁法の鵜飼いですが、ふと、外国の代理人や、外国のお友達に見せたら喜ぶのではないかと思いました。実際、当日は外国の団体様がいらっしゃいました。

 

 

皆様も迫力ある鵜飼いを一度はご堪能下さい。

 

 

なお、写真のブログ掲載等につき、木曽川観光株式会社様にご承諾いただきました。

最近の投稿

仕事

南甲弁理士クラブ家族参加懇親「滑走路見学ツアー」と南甲弁理士クラブ創立90周年記念「東海支部懇親会」

2018.08.28

8月18日(土)に、南甲弁理士クラブ家族参加懇親「滑走路見学ツアー」と、南甲弁理士クラブ創立90周年記念「東海支部懇親会」が開催されました。

前半は滑走路ツアーです。

普段は一般の人が入ることのできない制限区域エリアにバスで入り、離着陸する飛行機を間近で見ることができます。

(参加者は身分証明証を提示しなければならず、更に手荷物検査とボディチェックを受けてパスする必要があります。)

皆さん、カメラを片手に次々に離着陸する飛行機に大興奮でした。大人はもちろん、子供たちからも喜んでいる様子がうかがえました。

航空機を運ぶ巨大な航空機として有名なドリームリフターもたまたま就航しており、間近で見ることができました。

飛行機は、乗るのも楽しいですが、見るだけでもワクワクしますね。女性の方からは「どこでもいいから飛んでいきたい~」等々の声も聞かれました。

 

IMG_3768なんこう IMG_3769なんこう

滑走路ツアーを楽しんだ後、後半は、空港内にあるアリスダイニングにて、南甲弁理士クラブ創立90周年記念のパーティです。東京からお来し頂いた先生も含め、60名程の参加があり、大変盛り上がりました。普段は会うことのない、先生方のご家族とも談笑したり、貴重な時間を持つことができました。

また、子供たちが飽きてもよいように、8畳程のキッズスペースを設け、輪投げやボールすくいなどの縁日の催しもしました。

南甲弁理士クラブ90周年という節目の年に、東海支部の代表幹事を務めさせて頂き、身に余る光栄であり、感謝です。

IMG_3766なんこう IMG_なんこう

趣味

ライブ情報

2018.03.15

コピーバンドを組んでおりまして、今度ライブをやることになりました。私はベースを担当しております。

 

バンド名は「MSD」と言いまして、主に80年代のハードロックなんかをやっております。

 

ライブ情報としましては、

 

場所:ライブハウス「ロックス栄」

名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビルB2F(テレビ塔西のビル)

日時:324日(土)開場:17:30開演:18:00

料金:ドリンク代(500円)別で、前売1,500円、当日2,000

http://www.spirits-jp.com/roxx/schedule.htm

今回はベースをセットアップして、デカい音出して楽しんできます!!

 

仕事

春の宴

2018.03.15

3月8日に南甲弁理士クラブ東海支部の「第1回総会・例会」が、翌9日に東海協議会主催の「現役員及び新役員の慰労・激励会」が開催されました。

 

両会とも、東海圏からはもちろんのこと、東京からも多数の皆様がご参加いただき、盛大に執り行うことができました。

総会・例会は、名古屋市東区にある料亭「川由」さんで開催。こちらでは魚を中心とした日本料理を楽しむことができます。

お座敷で、今回は高座椅子とテーブルをご用意いただきました。

IMG_9席111

珍しいシロウオの躍り食いをいただくことができました。

網杓子掬って酢醤油の入った小鉢へ。小鉢からは箸でつまみますが、活きが良くて、なかなかつまめせん。活きが良すぎて小鉢から脱出し、畳の上で跳ねていた子もいましたが、その子もおいしくいただきました。

オコゼの刺身

IMG_sakana

総会・例会で「川由さん」を利用するのは昨年に続いて二回目です。女将さんをはじめ、従業員の方には気持ちのいい対応をしていただき、ありがたく利用させていただきました。

 

翌日の慰労・激励会は、名古屋駅から徒歩5分位のところにあるホテル「キャッスルプラザ」の3階「孔雀の間」で行いました。

 

この二つの春の大きなイベントが終わり、代表幹事として少しホッとしております(まだやらなきゃいけないことがありますが・・・)。

 

南甲東海の総会・例会は、あと二回ありますが、何とか頑張ります!慰労・激励会のほうは打ち上げが残っており、とても楽しみです!

 

 

仕事

服部健一先生がご来所されました

2018.02.26

気づけば、年も変わり2カ月が過ぎようとしていました。

年末の話ですが、当事務所のアメリカ代理人である弁護士・弁理士の服部健一先生がご来所されました。 アメリカへの特許出願の他、南米の案件でも現在お世話になっております。

 

当日は、服部先生が午後に名古屋でご講演があり、その後新幹線の最終の時間までご一緒させていただきました。

 

6時間程でしょうか。お酒を飲みながら、幼少期の話から、渡米に至るまでの話、アメリカでの話…たくさんお話いただきました。本当にエピソードが面白く、且つ非常に勉強になる部分が多かったです。

 

成功されている方は、学びに対しても、遊びに対しても「好奇心」が強いのでしょうか。知らないことを知りたい、やったことないことをやってみたいという気持ちが非常に大切ですね。

 

服部先生のお人柄にもすっかり魅了され、次回はアメリカ・ワシントンの事務所へ訪問できる日がきたらいいなと思います。

 

IMG_9418IMG_5555555

 

2018年も、どうぞよろしくお願い致します。

仕事

南甲弁理士クラブ主催の研修会

2017.12.13

南甲弁理士クラブ主催の研修会に出席しました。

今回のテーマは、「特許異議申立及び特許無効審判について」です。

特許異議申立も無効審判も特許権が初めから存在しなかったものとみなされます(※無効審判の場合は、無効理由に該当する時から存在しなかったとされる場合があります)。

両者は似たような制度ですが、異なる点も多々あります。

本研修では、この似て非なる特許異議申立、無効審判についてご説明いただき、大変勉強になりました。

 

例えば、

  • 時期的に特許異議申立も無効審判請求も両方可能な場合、どちらを行うのが望ましいか?また、その理由は何か?
  • 無効審判の請求人適格である「利害関係」が否定される場合、肯定される場合について。
  • 特許権者への異議申立書の副本の送達の関係で、異議申立をいつ行うのが望ましいか?
  • 手続的に間違えやすいところ(間違えると補正命令が出されるので、その分、審理が遅れ、結論が出るのも遅れてしまいます)。

 

などです。

 

資料こそ膨大でしたが、わかりやすく説明していただきました。また、統計データについてもとても参考になりました。

 

南甲弁理士クラブ主催の研修は、今年はこれが最後となります。講師の先生方、誠にありがとうございました。

 

研修会場を出て伏見駅に向かう途中、ロケ車から降りてきた「○ギちゃん」(デニムベストで)を見ることができました。

 

日比野駅を出て、晩御飯を食べるべく長浜豚骨ラーメン 一番軒・日比野店へ。 久々の豚骨ラーメン・・・今回は、黒豚骨ラーメンのトンすたセットに。 

IMG_1261

とても寒い日でしたので、あたたかいラーメンが体にしみます。は~~おいしかったです!

 

IMG_1260 こちらは「すた飯」。生卵を絡めていただきます。こちらもおいしく頂きました。 ごちそうさまでした~!