大矢国際特許事務所

smartphone

BLOG

お知らせ

知的財産権制度説明会(実務者向け)

2016.10.17

特許庁等が主催する「知的財産権制度説明会(実務者向け)」が全国各地で開催されます。


北海道、宮城県、兵庫県、香川県では終了した回がありますが、愛知県では、10月19日(水)から始まり、10月25日(火)、11月17日(木)、11月30日(水)、12月7日(水)、12月13日(火)の全6回となっております。

知識のブラッシュアップは欠かせませんので、私も申し込みました。

まだお席に余裕がある会場もありますので、ご興味のある方はぜひご参加下さい。

「知的財産権制度説明会(実務者向け)」主催:特許庁/各経済産業局特許室/内閣
府沖縄総合事務局特許室(http://www.jiii.or.jp/h28_jitsumusya/index.html)

仕事

商標の類似

2016.10.16

先日、商標の類似等に関してお問い合わせいただきました。 商標の類似は、奥が深く、難しいところがありますね。

日常

木曽川鵜飼

2016.08.25

先日、私が所属する南甲弁理士クラブ東海支部の家族参加型懇親会で木曽川の鵜飼い(昼の部)を楽しんでまいりました。

 

 

名古屋で産まれ育って半世紀近く経ちますが、鵜飼いは一度も見たことがありませんでした。見てみたかったのですが、何かきっかけがない限り見ることがなさそうでしたので、今回はとてもいい機会でした。

 

 

木曽川の鵜飼いは、1300年以上の歴史があるようです。1300年以上前ですと、奈良時代、飛鳥時代あたりでしょうか。かなりの歴史がありますね。

 

木曽川の鵜飼いは、2回に分けて乗船します。

 

1回目の乗船では船内で食事をとりつつ遊覧、2回目の乗船で鵜飼いを鑑賞します。

 

因みに、船は、お座敷スタイルの屋形船です。水面が間近にありますので、とても涼しく感じました。

 

1回目の乗船時間は1時間弱でした。船上から見た国宝犬山城がカッコよかったです。

 

一旦、上陸します。

 

 

トイレ休憩のあと、「鵜匠のおもてなし」が始まりました。

 

IMG_0061

これは、鵜飼いを披露してくれる鵜匠さん自らが、本日の鵜飼いの見どころを説明してくれるもので、鵜匠さんの衣装、鵜飼いの船の乗組員の役割り、昼の部では「かがり火」を焚かないこと(焚いてる写真も見かけますが・・・)等の説明もされていま
した。

 

 

鵜飼いのことを一通り学んだところで再び乗船です。食事の際のテーブルが撤去されて、船内が広くなりました。いよいよ鵜飼い鑑賞へ出船です!

 

IMG_0086

鵜匠さんの手縄さばき、「ホウ、ホウ」という掛け声、また、鵜さん達の魚を獲るワザを間近で鑑賞できました。大迫力、大満足でした!

 

伸

 


最後は、鵜さんに魚(5匹)を飲ませてから吐かせ、鵜さん達は運搬用の籠の中へ帰りました。そして、ユーモアたっぷりの〆のお話しで幕が下りました。

 

 

 

ここで、ふと思ったことを一言・・・。

 

 

待合室で係の方が本日の運行スケジュール等の説明をしてくれました。その説明の中で、座布団救命具の説明がありました。この座布団救命具ですが、座布団の本体の両側に腕を掛けるループ部分があり、通常は座布団として使用し、万一落水したような場合には、このループ部分に腕を通し、本体を抱きかかえるようにして浮くとの説明がありました。

 

 

落水してパニックになっている状態で、はたして腕を通すことができるか少々疑問でした。
ただ、船の前後に4名の乗組員さんがいましたので、万一の場合はループ部分腕を通す前に救助してくれると思います。

 

 

私は釣り人なので、常に落水のことを考えてしまいます(釣りの最中、ボートから落水経験がありますので・・・)。スミマセン。

 

 

今回は昼の部でしたが、夜の部は「かがり火」が焚かれます。また、鵜飼い開きの日には花火が上がるそうです。

 

次回は、鵜飼い開き日の夜の部に行きたいと思います。鵜さん達も、昼の顔と夜の顔は違うと思います(昼間は鵜さんの動きが遅いそうです)。

 

 

1300年の伝統漁法の鵜飼いですが、ふと、外国の代理人や、外国のお友達に見せたら喜ぶのではないかと思いました。実際、当日は外国の団体様がいらっしゃいました。

 

 

皆様も迫力ある鵜飼いを一度はご堪能下さい。

 

 

なお、写真のブログ掲載等につき、木曽川観光株式会社様にご承諾いただきました。

お知らせ

豊田市で中小・ベンチャー企業様向けの知財セミナーの講演をします

2016.08.23

講演のご案内です。

 

平成28年11月10日、豊田市のとよたイノベーションセンターにて、

『2時間でわかる!中小・ベンチャー企業における知的財産の有効活用〜企業経営における知的財産の位置付け〜』

と題して、講演させていただきます。

 


初歩的なことから簡単にわかりやすく講演させていただきます。また、講演終了後には質疑応答の時間を設けさせていただく予定です。

 


テーマ以外のご質問でも結構ですので、この機会に普段疑問に思っていること等を質問されてはいかがでしょうか!?

 

 

参加費無料ですので、ぜひご参加ください!

【参加申込書】2時間でわかる!中小・ベンチャー企業における知的財産の有効活用~企業経営における知的財産の位置付け~

しおり315

 

仕事

本日、第2回知的財産経営サロンが開催されました。

2016.08.18

お盆休み明け直後にもかかわらず、沢山の中小企業経営者様にご参加いただき、活発な議論がなされました。

本日のテーマは、「知的財産の必要性〜中小企業のための知財〜」でした。テーマに沿ったディスカッションあり、脱線ありの楽しく有意義な2時間でした。

ご参加いただきました経営者様、誠にありがとうございました!

次回、第3回は、9月21日(水曜日)17時00分〜19時00分で、テーマは「社員の発明は誰のもの?」です。もちろん、脱線ありでございます。

お申込み、お問い合わせは、日本弁理士会東海支部、又は、愛知県までお願いします。

次回のご参加を心よりお待ち申し上げております。